ダイエット

腹やせしたいなと思っているなら、自分のお腹が何故、ぽっこりしているのかを考えて見ましょう。
食べ過ぎなら、炭水化物を摂り過ぎているのか、糖分を摂り過ぎているのか、油脂分を摂り過ぎているのかを考えて見ましょう。

 

ご飯、麺類、パンなどを沢山食べてしまうなら、炭水化物を控えめにして野菜に置き換えましょう。
お菓子、菓子パンなどで糖分を摂り過ぎているなら、糖分を控えるようにしましょう。

 

揚げ物や肉類を中心に食べていて野菜をあまり摂っていないなら、野菜を多く摂るように心がけましょう。
今まで焼肉や揚げ物を食べていたなら、しゃぶしゃぶにする等、あっさりしたメニューに変えれば、かなりカロリーダウンになります。

 

また、猫背もお腹がぽっこりする原因の一つです。
姿勢が良い人って痩せている印象がありませんか。

 

猫背の場合は、胸郭が狭くなってしまい、呼吸が浅くなり、肺の活動が弱まってしまいます。
肺の活動が弱まるということは、肺活量が弱まるということなので少しの運動でも息切れをしてしまったり、心肺機能を低下させています。

 

結局、脂肪燃焼する代謝を下げてしまうという結果になっているのです。
猫背は便秘の原因にもなりますから、ますます老廃物を蓄積してお腹がぽっこりしやすくなります。

 

食べ過ぎてもいないのに、お腹が引っ込まないという方は、姿勢を正すことを考えて見ましょう。
猫背の場合には、背筋が弱い場合も考えられますから、背筋を鍛えるのも腹やせ法のひとつです。

 

 

続きを読む≫ 2014/12/20 22:29:20